令和4年(その19)~平成20年度までの疑義解釈資料を項目ごとに。

A307「小児入院医療管理料」のレセプト請求・算定Q&A

入院料等

疑義解釈資料(平成22年)

(問82) 小児入院医療管理料1の要件にある「小児緊急入院患者数」に、転院患者は含まれるか。

(答) 緊急に入院した場合であれば含まれる。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2010.03.29-[PDF形式/374KB]

(問83) 小児入院医療管理料1の夜勤時間帯の看護師の配置について、「当該病棟における看護師の数は、夜勤の時間帯も含め、常時当該病棟の入院患者の数が9又はその端数を増すごとに1以上であること」が要件であるが、これは夜勤時間帯の月入院患者数に対して平均で1夜勤時間帯当たり9対1の看護配置を満たしていればよいのか。

(答) 不可。夜勤の時間帯も含め常時9対1よりも手厚い配置である必要がある。

なお、「疑義解釈資料の送付について(その3)」(平成20年7月10日事務連絡)の問7の取扱は廃止とする。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2010.03.29-[PDF形式/374KB]

(問8) 今回の改定により、特定機能病院も小児入院医療管理料の届出を行えることとなったが、一般病棟入院基本料又は専門病院入院基本料を算定する病棟を有していない特定機能病院においても、当該管理料1、2、3及び4の届出をすることは可能なのか。

(答) 特定機能病院入院基本料(一般病棟)を算定する病棟を有していれば、可能である。

疑義解釈資料の送付について(その5)-2010.06.11-[PDF形式/56KB]

疑義解釈資料(平成20年)

(問7) 小児入院医療管理料1の夜勤時間帯の看護師の配置について、「当該病棟における看護師の数は、夜勤の時間帯も含め、常時当該病棟の入院患者の数が9又はその端数を増すごとに1以上であること」が要件であるが、夜間緊急の入院患者の受け入れ等により1日でも配置基準を満たさない日があれば、届出は出来ないのか。

(答) 夜間緊急の患者の受け入れ等により、入院患者数の変動が比較的著しい保険医療機関にあっては、夜勤時間帯の月入院患者数に対して平均で1夜勤時間帯当たり常時9対1の看護配置を満たしていれば届出を認めることとする。

ただし、届出にあたっては夜勤時間帯の入院患者数及び看護師の勤務状況が確認できる書類を添付すること。

疑義解釈資料の送付について(その3)-2008.07.10-[PDF形式/274KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意

ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]