平成30(その14まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

「救急体制充実加算(A300.救命救急入院料)」のレセプト請求・算定Q&A

入院料等

疑義解釈資料(平成30年)

問 104 平成 30 年3月 31 日において旧算定方法の規定に基づく届出を行っている保険医療機関については、「救命救急センターの新しい充実段階評価について」(平成 30 年2月 16 日医政地発 0216 第1号)の救命救急センターの評価基準に基づく評価が行われるまでの平成 31 年3月 31 日までの間、引き続き当該届出に係る点数を算定することができると理解してよいか。

(答)そのとおり。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2018.03.30-[PDF形式/1,141KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意