令和2年(その32)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

A243「後発医薬品使用体制加算」のレセプト請求・算定Q&A

入院料等

疑義解釈資料(令和2年)

問1 区分番号「A243」後発医薬品使用体制加算について、いわゆるバイオAG(先行バイオ医薬品と有効成分等が同一の後発医薬品)はバイオ後続品と同様に後発医薬品の使用割合に含まれるのか。

(答)含まれる。

なお、この考え方は、外来後発医薬品使用体制加算においても同様である。

疑義解釈資料の送付について(その5)-2020.04.16-[PDF形式/164KB]

疑義解釈資料(平成28年)

(問10)区分番号「A243」後発医薬品使用体制加算及び区分番号「F100」の「注11」の外来後発医薬品使用体制加算において、当該保険医療機関で調剤した医薬品に、注射や在宅の部で算定され、直接患者に交付される薬剤は含まれるか。

(答)含まれる。

(出典:疑義解釈資料の送付について(その4)-2016.06.14-[PDF形式/521KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意