令和元(その1まで)・平成30(その17まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

「病棟群届出」のレセプト請求・算定Q&A

入院料等

疑義解釈資料(平成28年)

(問27)原則として、異なる病棟群への転棟はできないとあるが、例外とはどのような場合か。

(答)例えば、入院中に新たな疾患を発症し、その治療のために別の診療科への転科が必要となったことに伴う他病棟への転棟などである。

(出典:疑義解釈資料の送付について(その1)-2016.03.31-[PDF形式/1,317KB]

(問28)やむを得ず転棟した場合の入院費用の算定方法はどのようにすればよいか。

(答)転棟した患者は入院期間を通して10対1の入院基本料を算定すること。なお、既にレセプト請求している場合は、前月まで遡りレセプトを取り下げ、修正して請求し直すこと。

(出典:疑義解釈資料の送付について(その1)-2016.03.31-[PDF形式/1,317KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意