平成30(その15まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

K939-3「人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(平成24年)

(問171)K939-3人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算の看護師の要件にある「5年以上の急性期患者の看護に従事した経験を有し、急性期看護又は排泄ケア関連領域における適切な研修」とは、どのような研修か。

(答) 研修については以下の内容を満たすものであり、現時点では、日本看護協会認定看護師教育課程「皮膚・排泄ケア」及び日本ストーマリハビリテーション学会の周手術期ストーマケア研修(20時間以上)の研修が該当する。

なお、研修には、講義及び演習により、次の内容を含むものであること。

(イ) 急性期看護又は排泄ケア関連領域に必要な看護理論および医療制度等の概要

(ロ ) 急性期看護又は排泄ケア関 連領域に関するアセスメントと看護実践

(ハ ) 急性期看護又は排泄ケア関 連領域の患者及び家族の支援方法

疑義解釈資料の送付について(その1)-2012.03.30-[PDF形式/683KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意