令和2年(その40)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

K783-2「経尿道的尿管ステント留置術」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(令和2年)

問 166 既に留置された尿管ステントについて、内視鏡を用いて交換のみを行う場合はどのように算定すればよいか。

(答)尿管ステントの交換に当たり、区分番号「K783-2」経尿道的尿管ステント留置術と区分番号「K783-3」経尿道的尿管ステント抜去術を併せて行った場合は、主たるもののみ算定する。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2020.03.31-[PDF形式/2,004KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意