令和2年(その32)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

「抗HLA抗体検査加算(K922.造血幹細胞移植)」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(平成24年)

(問41)K922造血幹細胞移植の注7抗HLA抗体検査加算については、造血幹細胞移植の所定点数にHLA抗体等の安全確認の費用が含まれると解していたが、別に算定できることとなったのか。

また、どのような場合に加算が算定できるのか。

(答)そのとおり。造血幹細胞移植を行うに当たり、医学的な必要性があって抗HLA抗体検査を行う場合に加算するものである。

疑義解釈資料の送付について(その8)-2012.08.09-[PDF形式/280KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意