令和4年(その32)~平成20年度までの疑義解釈資料を項目ごとに。

「精神科救急医療体制加算(A311.精神科救急入院料)」のレセプト請求・算定Q&A

入院料等

疑義解釈資料(令和4年)

問 126 区分番号「A311」精神科救急急性期医療入院料の注6に規定する精神科救急医療体制加算の施設基準における「地域における医療提供体制や医療計画上の必要性等に係る文書」とは、具体的にはどのようなものか。

(答)当該加算の届出を行う保険医療機関が所在する都道府県等において、都道府県等精神科救急医療体制連絡調整委員会又は圏域ごとの精神科救急医療体制若しくは身体合併症患者の医療提供体制に係る検討部会(精神科救急医療体制整備事業)における意見を踏まえて当該保険医療機関が 120 床を超えて精神科救急医療に対応する病床数を確保することが必要であると認定された文書をいう。具体的には、以下の事項を含むものであること。

  • 地域において精神科救急医療体制を整備するに当たり、届出保険医療機関において、120 床を超えた精神科救急医療に対応する病床が必要であること。
  • 精神科救急情報センター(精神科救急医療体制整備事業)等からの依頼を断らずに当該保険医療機関において患者を受け入れていること又は受け入れられない事例について、都道府県等精神科救急医療体制連絡調整委員会等に対して患者の受療調整状況及び事例の件数を報告していること。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2022.03.31-[PDF形式/2,674KB]

問5 区分番号「A311」精神科救急急性期医療入院料の注6に規定する精神科救急医療体制加算の施設基準のうち、「当該病棟における病床数が百二十床以下であること」については、当該基準に係る経過措置により、令和4年3月 31 日において現に旧医科点数表の精神科救急入院料に係る届出を行っている病棟については、同年9月 30 日までの間に限り、当該病棟における病床数が 120 床を超える場合であっても、当該基準に該当するものとみなされるのか。
(答)そのとおり。

疑義解釈資料の送付について(その7)-2022.04.28-[PDF形式/176KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意

ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]