令和2年(その32)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

K924-3「同種クリオプレシピテート作製術」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(令和2年)

問5 区分番号「K924-3」同種クリオプレシピテート作製術の施設基準において、「関連学会から示されているガイドライン」とあるが、具体的には何を指すのか。

(答)日本輸血・細胞治療学会の「クリオプレシピテート作製プロトコール」及び「FFP-LR240 を用いたクリオプレシピテート作製プロトコール」を指す。

疑義解釈資料の送付について(その29)-2020.08.25-[PDF形式/135KB]

問6 区分番号「K924-3」同種クリオプレシピテート作製術について、同種クリオプレシピテート製剤を複数投与した場合はどのように算定するのか。

また、作製に使用した血液製剤はどのように算定するのか。

(答)同種クリオプレシピテート製剤を複数投与した場合は、投与したクリオプレシピテート製剤 1 バッグにつき所定点数を1回算定する。その際、当該製剤を作製するのに使用した血液製剤は別に算定する。

疑義解釈資料の送付について(その29)-2020.08.25-[PDF形式/135KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意