令和元(その1まで)・平成30(その17まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

K075「非観血的関節授動術」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(平成26年)

(問2)「ザイヤフレックス注射用」について、拘縮索への注射に加え伸展処置を行うことがあるが、注射と伸展処置とを併せた技術料についてはどのように算定できるのか。

(答)当該薬剤の1回の投与(同一日に複数ヵ所に注射を行った場合を含む)及び伸展処置に係る一連の手技として、G000皮内、皮下及び筋肉内注射(1回につき)ではなく、K075非観血的関節授動術の「3」肩鎖、指(手、足)を算定できる。

疑義解釈資料の送付について(その15)-2015.09.03-[PDF形式/101KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意