令和4年(その23)~平成20年度までの疑義解釈資料を項目ごとに。

「不妊治療の検査」のレセプト請求・算定Q&A

検査

疑義解釈資料(令和4年)

問1 不妊治療において、卵胞の発育状況の確認や子宮内膜の観察を目的として超音波検査を実施した場合、当該検査に係る費用は、保険診療として請求可能か。
(答)医師の医学的判断により超音波検査を実施した場合については、保険診療として請求可能。

疑義解釈資料の送付について(その15)-2022.06.29-[PDF形式/228KB]

問1 一般不妊治療又は生殖補助医療を実施している患者に対して、不妊治療に係る妊娠判定のため、妊娠反応検査(尿中・血中 HCG 検査)を実施した場合、当該検査に係る費用は、保険診療として請求可能か。
(答)一般不妊治療又は生殖補助医療を実施している患者に対して、医師の医学的判断により、通常の妊娠経過を確認するために、当該検査を実施した場合、一連の診療過程につき、1回に限り算定可能。

疑義解釈資料の送付について(その23)-2022.08.24-[PDF形式/237KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意

ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]