令和2年(その32)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

J043-7「経会陰的放射線治療用材料局所注入」のレセプト請求・算定Q&A

処置

疑義解釈資料(令和2年)

問 150 入院中の患者に対する放射線治療を行うにあたり、ハイドロゲル型の放射線治療用合成吸収性材料を使用した場合について、区分番号「J043-7」経会陰的放射線治療用材料局所注入を放射線治療の一連として行った場合、ハイドロゲル型の放射線治療用合成吸収性材料を区分番号「M200」特定保険医療材料として算定するのか。

(答)算定する。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2020.03.31-[PDF形式/2,004KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意