令和2年(その31)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

E000「透視診断」のレセプト請求・算定Q&A

画像診断

疑義解釈資料(平成26年)

(問1)「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(平成26年3月5日保医発0305第3号)」のJ043-4には、経管栄養カテーテル交換法の際に行われる画像診断及び内視鏡等の費用は、当該点数の算定日に限り1回に限り算定するとされているが、E000 透視診断には、他の処置の補助手段として行う透視については算定できないとされている。

胃瘻カテーテル交換の際に併せて行った「透視診断」の費用は別に算定できるか。

(答)当該点数の算定日に限り、1回に限り算定できる。

疑義解釈資料の送付について(その11)-2014.11.05-[PDF形式/223KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意