令和2年(その35)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

D006-18「BRCA1/2遺伝子検査」のレセプト請求・算定Q&A

検査

疑義解釈資料(令和2年)

問 104 区分番号「D006-18」BRCA1/2遺伝子検査に関する施設基準に「ただし、遺伝カウンセリング加算の施設基準に係る届出を行っている保険医療機関と連携体制をとっており」とあるが、連携体制とは何を指すのか。

(答)遺伝カウンセリングが必要な患者を紹介先に紹介できるよう事前に医療機関同士で合意がとれている状態を指す。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2020.03.31-[PDF形式/2,004KB]

問 105 区分番号「D006-18」BRCA1/2遺伝子検査に関する施設基準に「産婦人科及び婦人科腫瘍の専門的な研修の経験を合わせて6年以上有する常勤医師が1名以上配置されていること。」とあるが、当該専門的な研修とは何を指すのか。

(答)産婦人科の専門的な研修施設での臨床経験及び婦人科腫瘍の専門的な研修施設での臨床経験を指す。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2020.03.31-[PDF形式/2,004KB]

問 106 区分番号「D006-18」BRCA1/2遺伝子検査に関する施設基準に「乳腺外科の専門的な研修の経験を5年以上有する常勤医師が1名以上配置されていること。」とあるが、当該専門的な研修とは何を指すのか。

(答)乳腺外科の専門的な研修施設での臨床経験を指す。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2020.03.31-[PDF形式/2,004KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意