令和元(その1まで)・平成30(その16まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

K615「血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(平成24年)

(問33)K615血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)の算定要件に、「脳動脈奇形摘出術前及び肝切除術前の前処置としての血管塞栓術を行った場合には、「2」により算定する」とあるが、脳腫瘍摘出術前の前処置として栄養血管の塞栓を行った場合、以下のどのような算定となるのか。

  1. K615血管塞栓術 2.その他の算定
  2. K178脳血管内手術の算定(血管内手術用カテーテルを用いて手術を行った場合、脳血管内ステントを用いて手術を行った場合)

(答)①の算定になる。

疑義解釈資料の送付について(その8)-2012.08.09-[PDF形式/280KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意