令和元(その1まで)・平成30(その16まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

K056-2「難治性感染性偽関節手術(創外固定器によるもの)」のレセプト請求・算定Q&A

手術

疑義解釈資料(平成24年)

(問30)K056-2難治性感染性偽関節手術(創外固定器によるもの)は、偽関節に対し創外固定器を用いた手術であることに加え、難治性かつ感染性であることも算定要件になると解してよろしいか。

(答)難治性感染性偽関節に対して行ったものにつき算定する。

疑義解釈資料の送付について(その8)-2012.08.09-[PDF形式/280KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意