平成30(その15まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

J118-4「歩行運動処置(ロボットスーツによるもの)」のレセプト請求・算定Q&A

処置

疑義解釈資料(平成28年)

(問31)区分番号「J118-4」歩行運動処置(ロボットスーツによるもの)を実施するに当たって、初めてロボットスーツを装着する際には患者の体重、大腿長、下腿長、腰幅などを勘案して当該患者に適切な装着条件を探索する必要があるが、当該プロセスに係る技術はどのように算定するのか。

(答)初めて当該処置を実施する場合の装着条件の探索については、1肢毎に区分番号「J129」治療装具の採型ギプスの「2」義肢装具採型法(四肢切断の場合)(1肢につき)に準じて算定する。

(出典:疑義解釈資料の送付について(その2)-2016.04.25-[PDF形式/540KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意