令和元(その1まで)・平成30(その17まで)・28・26年度疑義解釈資料入力済。

D005「血液形態・機能検査」のレセプト請求・算定Q&A

検査

疑義解釈資料(平成24年)

(問131)D005の6末梢血液像(鏡検法)の鏡検法とはどのような検査を指すのか。

(答) 顕微鏡を用いて実際に医療従事者の目視によって、検体を直接観察することを指す。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2012.03.30-[PDF形式/683KB]

(問132)末梢血液像について、どのような場合に、鏡検法を行うのか。

(答) 例えば造血器疾患や感染症や自己免疫疾患を疑う場合など、医学的に妥当適切な場合に実施すること。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2012.03.30-[PDF形式/683KB]

(問133)尿沈渣又は末梢血液像について、鏡検法とフローサイトメトリー法、又は鏡検法と自動機械法を併せて算定できるか。

(答) 尿沈渣又は末梢血液像について、それぞれいずれか主たるもののみ算定する。

疑義解釈資料の送付について(その1)-2012.03.30-[PDF形式/683KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意