令和2年(その40)まで、令和元年・平成30・28・26・24年度疑義解釈資料入力済。

「薬剤適正使用連携加算(B001-2-9.地域包括診療料/B001-2-10.認知症地域包括診療料/地域包括診療加算/認知症地域包括診療加算)」のレセプト請求・算定Q&A

初・再診料

疑義解釈資料(平成30年)

問3 地域包括診療料、地域包括診療加算等の薬剤適正使用連携加算における内服薬の種類数の計算に当たっては、1銘柄ごとに1種類として計算するという理解でよいか。

(答)よい。

疑義解釈資料の送付について(その5)-2018.07.10-[PDF形式/789KB]

注意

記載どおりの審査が行われることを、必ずしも保証するわけではございません。

記載の情報は個々の判断でご活用ください。当サイトは一切の責任を負いかねます。

詳しくはご利用上の注意